こんな時に限って!トイレのつまりの対処法とは?

親戚が集うというお盆の期間や正月という、そんな時に限ってトイレのつまりといった予期せぬトラブルというものは発生しやすいものです。1年は365日あるので、ものすごい偶然が重なった確立でしょうね。まるでパチンコでリーチが何度かある中で何百分の一という当たりの確率に匹敵するのかもしれませんね。そんな冗談はともかく、トイレのつまりの対処法についてですが、業者さんに修理を依頼した場合には、ワイヤーブラシや高圧洗浄機を使うようですね。あるいは、便器を取り外して行う場合もあるようです。ちなみに素人が我流で行う場合には、パイプユニッシュなどの排水管用クリーナーやラバーカップが定番ともなるでしょうね。もちろん、例え素人でもラバーカップの効果は絶大なようですね。10回以上もカポカポとやっていれば、ゴポゴポといった音と共にトイレのつまりも解消されるでしょうね。

トイレ詰まりを解消 | 立川の水漏れ修理110番

一度でもそうした経験をすると、金輪際つまらせないようにしよう!努力をするでしょうね。何せ、キッチンとは違いトイレがつまった場合には、汚物が床にこぼれ落ちますからね。そんな処理を鼻をつまみながら一度でも行うと懲りてしまうものです。もちろん、いきなりトイレがつまるというものでもないようですね。何かしらのシグナルが便器から発せられるようなのです。とくに、いつもよりも便器に溜まっている水位が高いという場合には、要注意でしょうね。もはやその時点で排水管内の水の流れが悪くなっている予兆なのだそうです。従ってそうなる前に、排水管用のクリーナーで洗浄掃除をこまめに行うべきでしょうね。

一方、逆に便器に流れ出る水の量が少ないという場合には、給水タンク内のトラブルが想定されるので注意が必要です。しかも便器に流れる水の量というのは、各メーカーによって決められているようですね。従って規定の水が出ない場合にも、当然のことですが排水管がつまる原因ともなりかねません。