キッチンの排水口の水漏れを直すのにかかる費用

水漏れを直す際にかかってくる費用は、その部位によっても大きく異なります。なぜこのようなことが起こるのかというと、水漏れが起こる場所が違えば修理に必要となる部品もまた違ってきますので、その必要な部品が高価なものが定額なものかによって大きく差がでてくるからです。そのため、水漏れを直す場合も、自分が直したいと思っている場所はどれくらいの費用がかかるのかを知っておくべきですし、予想外の請求をされないためにも、あらかじめ調べておく必要があるでしょう。では、今回はキッチンの排水口の水漏れを直すのにかかる費用について、お話させていただきます。

キッチンの排水口は一般的に見る排水口と同じように、それなりに太いパイプがU字型に曲がっているタイプのものです。このタイプのものの場合、基本的な修理費用としては1万円未満であることが相場となっています。しかし、ここで「基本的」という言葉を添えたのは、場合によってはそれ以上の修理費用を請求されることが考えられるからです。では、その例外的な場合とはどのような時なのかというと、配管そのものの交換をしなければならない時などがそれにあたります。

キッチンのお掃除 | 柏 水漏れ!修理110番

軽度の水漏れであれば、排水口の一部を修繕するだけでその水漏れを抑えることができますので、それほど費用がかかることはありません。しかし、水漏れが大幅に起こっているようなケースであれば、配管そのものを修繕してもまた同じように水漏れを起こしてしまうことが多いですので、配管を交換したほうが確実になります。そのため、配管の実費やその交換にかかる手数料などが計上されてた費用を請求されることになるのです。

このことから、排水口の水漏れを直す時に必要な費用としては、やはり大きく見積もって1万5千円くらいは用意しておいたほうが無難です。それでも足りないケースもありますが、そのような時はカードで支払うなどの方法をとれば問題ありません。